コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村了庵 いまむら りょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村了庵 いまむら-りょうあん

1814-1890 幕末-明治時代の医師。
文化11年生まれ。今村岨雲(そうん)の3男。多紀元堅(もとかた),華岡準平にまなぶ。上野(こうずけ)(群馬県)伊勢崎藩侍医となり,のち幕府医学館講師。明治以後は皇太子(大正天皇)拝診医となり,東京大学などでおしえた。明治23年1月13日死去。77歳。名は亮。字(あざな)は祗卿。著作に「医事啓源」「脚気鉤要(かっけこうよう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今村了庵
いまむらりょうあん
(1814―1890)

幕末・明治の医師。上野(こうずけ)国(群馬県)伊勢崎に、藩医長順(ちょうじゅん)(岨雲(そうん))(1763―1832)の三子として生まれた。名は亮(りょう)、字(あざな)は祗卿。1830年(天保1)江戸で幕府の侍医多紀元堅(たきもとかた)に漢方医学を学び、さらに大坂で外科医術を修めた。1858年江戸で開業。1869年(明治2)大学校で教鞭(きょうべん)をとり、1882年より東京大学で日本の医学の沿革を講義した。著作に『医事啓源』『脚気鉤要(かっけこうよう)』『日本医道沿革考』その他がある。[矢数道明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今村了庵の関連キーワード高島祐啓河内全節明治時代矢数道明

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android