コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村有隣 いまむら ゆうりん

2件 の用語解説(今村有隣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村有隣 いまむら-ゆうりん

1845-1924 明治時代のフランス語学者。
弘化(こうか)2年4月生まれ。加賀金沢藩の藩校で洋学をおさめる。のち横浜でカションフランス語をまなび,箕作麟祥(みつくり-りんしょう)にも師事した。明治5年横須賀造船所通訳兼翻訳掛。東京外国語学校,一高などでおしえ,39年一高校長。大正13年9月27日死去。80歳。著作に「仏語啓蒙」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今村有隣

没年:大正13.9.27(1924)
生年:弘化1(1844)
明治大正期のフランス学者。生年には異説もある。名は「ありちか」とも。金沢(加賀)藩士の家に生まれ,安政4(1857)年に藩校に入る。蘭学や英学を学んだのは,同藩の洋学校壮猶館でのことであろう。その後,横浜に出て,カションにフランス語を学んだらしいが,箕作麟祥にも師事した。フランス語の通訳,翻訳をしたのち,東京外国語学校,高等商業(一橋大),一高などでフランス語を教授。フランス語教育者として著名であり,明治33(1900)年,フランス政府より「教育功労勲章」を受章。同39年,一高の校長となった。<著作>『仏語啓蒙』『対釈応用仏蘭西文法』『外国国勢一覧』

(田中貞夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今村有隣の関連キーワード辰野隆アカデミーフランセーズ異説村上英俊入江文郎太宰施門広瀬哲士福井芳男八木さわ子鷲尾猛

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone