コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市兵衛 いちべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市兵衛 いちべえ

1663-1734 江戸時代前期-中期の農民。
寛文3年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)姉崎村の名主次郎兵衛の使用人。元禄(げんろく)8年罪をえて流罪となった主人の家族4人をひきとり,10年にわたり江戸の奉行所赦免嘆願。宝永2年主人の放免に成功した。享保(きょうほう)19年4月2日死去。72歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市兵衛の関連キーワード小野 市兵衛(9代目)大文字屋文楼(初代)玉龍亭 一山(初代)岩野市兵衛(9代)本松斎一甫(初代)古河機械金属[株]足尾鉱毒事件小野薬品工業今村源右衛門野々口立圃本郷庵切通中江 種造神永市兵衛曲垣平九郎木村 長七官業払下げ宇田川文海大雅舎其鳳加保茶元成田中市太郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市兵衛の関連情報