今治平野(読み)いまばりへいや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛媛県北部、高縄半島の北から東にかけて広がる今治市域を中心にした平野。越智平野(おちへいや)ともいう。高縄山地から北流する蒼社(そうじゃ)川、頓田(とんだ)川の沖積平野と北部の斎灘(いつきなだ)沿岸の海岸低地から成り立つ。沖積平野は低湿地が多いが開発は古く、弥生(やよい)前期の遺跡、数多くの古墳、条里制地割り、伊予国府跡などがある。堀に海水を取り入れた今治城、今治市街地が平野の中心で、水田耕作のほか、織物タオル産業、造船業が盛ん。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今治平野の関連情報