斎灘(読み)いつきなだ

デジタル大辞泉の解説

いつき‐なだ【斎灘】

瀬戸内海西部、愛媛県高縄半島北西の海域安芸灘(あきなだ)の東南に位置し、北・東は芸予(げいよ)諸島、西は忽那(こつな)諸島で区切られる。ほぼ中央に斎島(広島県)・安居(あい)島などがある。水深は30~50メートルと比較的浅く、海底も平坦で好漁場となっている。瀬戸内海の主要航路の海域。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いつきなだ【斎灘】

広島県豊田郡豊浜町の斎島周辺の海域。安芸灘の南部を指す。海底は平たんで水深は30~60m。付近の海面は比較的広く,渡り鳥で広島の県鳥ともなっているアビの渡来群遊海面として天然記念物となっている。斎島ではアビに追われたイカナゴに群れるタイ,スズキの習性を利用した〈イカリ網代〉漁法が盛んで,年に1度アビ祭を行う。【藤原 健蔵】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県(愛媛県)〕斎灘(いつきなだ)


瀬戸内海の西部、安芸灘(あきなだ)南東部の海域。芸予(げいよ)諸島西部の広島県呉(くれ)市に属する斎島周辺から愛媛県高縄(たかなわ)半島北西沖一帯をさす。来島(くるしま)海峡の西方にあたり、東西に瀬戸内海の主要航路が通じ、南北に広島港・呉(くれ)港と松山(まつやま)観光港を結ぶ定期船航路が交差する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎灘
いつきなだ

瀬戸内海中央部、安芸(あき)灘の東方水域をさす。東は愛媛県高縄(たかなわ)半島、北は芸予(げいよ)諸島の下蒲刈(かまがり)島、上蒲刈島、豊(とよ)島、大崎下(おおさきしも)島、岡村島など、南は防予諸島で限られる。ほぼ中央に斎島、安居(やすい)島、小安居島などがある。水深は30~60メートルで比較的浅く、海底も平坦(へいたん)である。周辺の島々や高縄半島は断崖(だんがい)が多く、内湾が少なく、あまり良港はない。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android