コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介入通貨 かいにゅうつうか intervention currency

1件 の用語解説(介入通貨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

介入通貨
かいにゅうつうか
intervention currency

各国の通貨当局外国為替市場に介入する際使用する通貨のこと。ブレトンウッズ協定では,加盟国は自国通貨の為替相場を平価の上下1% (1971年 12月のスミソニアン合意後,理事会決議で 2.25%に拡大) に維持する義務があり,通貨当局は自国通貨の為替相場が下落した場合は買支え (介入通貨で買う) ,上昇した場合は売る (介入通貨を取得する) などの介入操作を為替市場で行い,相場形成に影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の介入通貨の言及

【ドル】より

…1995年末現在,国際通貨として世界的に用いられているものには米ドル,ユーロダラー,金,SDR(IMF特別引出権),ドイツ・マルク,円,フランス・フラン,イギリス・ポンド等があるが,ドルはこのなかで6~7割を占め,支配的地位を占める通貨である。ドルの国際通貨としての具体的役割は価値尺度のほか,決済通貨,介入通貨,準備通貨等である。決済通貨とは商品,サービス,および資本の国際取引において支払手段として現実に売買を媒介する通貨である。…

※「介入通貨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

介入通貨の関連キーワード外貨準備高外貨準備市場介入為替介入インターベンション(Intervention)メジャー・カレンシー(Major Currency)介入(Intervention)口先介入(Verbal Intervention)市場介入(Intervention)東京外国為替市場

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone