コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉大草紙 かまくらおおぞうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉大草紙
かまくらおおぞうし

太平後記』ともいう。史書。3巻。作者,成立年未詳。天授5=康暦1 (1379) 年から文明 11 (1479) 年の間における鎌倉公方関東管領を中心に,関東の政治的事件を編年体に記したもの。君臣父子の秩序を説く道徳的な意図をもつ。『群書類従』『史籍集覧所収

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまくらおおぞうし【鎌倉大草紙】

室町時代の戦記。3巻。異称《太平後記》。1379年(天授5∥康暦1)の上杉憲春諫死(かんし)から1479年(文明11)の太田道灌臼井城攻略までの,約100年間にわたる関東の動静を記すが,応永末年から1439年(永享11)までの記事を欠いている。作者,成立年代ともに不詳であるが,歌人東常縁の系統をひく者の作とする説もあり,歌学・文学史研究の好史料でもある。《改訂史籍集覧》《群書類従》所収。【外岡 慎一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉大草紙
かまくらおおぞうし

室町時代の合戦記。『太平後記』ともいわれる。全3巻。著者は東常縁(とうつねより)の流れをくむ歌人とする説もあるが未詳。成立年代も不詳であるが、戦国期から近世初頭とされている。1379年(天授5・康暦1)より1479年(文明11)までの100年間の関東の政治動向を各年ごとに記したものである。関東における南朝の活動、鎌倉公方(くぼう)の動き、上杉・千葉・結城(ゆうき)氏らの対立・抗争、鎌倉府内の対立から起こった上杉禅秀(ぜんしゅう)の乱、将軍と鎌倉公方の確執から始まった永享(えいきょう)の乱、さらには結城合戦などの内乱が扱われており、15世紀における東国の政治情勢を知るうえで重要なものである。『改定史籍集覧』、『群書類従』合戦部所収。[伊藤喜良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鎌倉大草紙の関連キーワード小栗判官車街道古河公方館武田信長武田信満木戸満範稲村城篠脇城国府津蕨城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android