コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏像線 ぶつぞうせん

世界大百科事典 第2版の解説

ぶつぞうせん【仏像線】

西南日本外帯の秩父帯四万十帯の境界をなす大規模な北傾斜の逆断層で,仏像構造線,仏像‐糸川構造線ともいわれており,南西諸島から九州,四国,紀伊半島および中部地方を経て関東地方まで延びる。これの名称は高知県土佐市の西端にある小集落名にちなんで小林貞一が命名した。仏像線の北側には,古生代後期~中生代中期の地向斜堆積物が発達し,中生代後期以降の地層が浅海~非海成のものであるのに対し,南側の四万十帯には中生代後期から第三紀中ごろにわたる時代の地向斜堆積物が分布しており,この構造線は地史的に重要な意味をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

仏像線の関連キーワード西南日本外帯

仏像線の関連情報