コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏像線 ぶつぞうせん

1件 の用語解説(仏像線の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶつぞうせん【仏像線】

西南日本外帯の秩父帯四万十帯の境界をなす大規模な北傾斜の逆断層で,仏像構造線仏像‐糸川構造線ともいわれており,南西諸島から九州,四国,紀伊半島および中部地方を経て関東地方まで延びる。これの名称は高知県土佐市の西端にある小集落名にちなんで小林貞一が命名した。仏像線の北側には,古生代後期~中生代中期の地向斜堆積物が発達し,中生代後期以降の地層が浅海~非海成のものであるのに対し,南側の四万十帯には中生代後期から第三紀中ごろにわたる時代の地向斜堆積物が分布しており,この構造線は地史的に重要な意味をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仏像線の関連キーワード外帯四国地方四万十川西南日本西南日本外帯西南日本内帯四万十市四万十四万十大正四万十とおわ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone