コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林貞一 こばやしていいち

3件 の用語解説(小林貞一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林貞一
こばやしていいち

[生]1901.8.31. 大阪
[没]1996.1.13. 東京
地質学者,古生物学者。東京大学地質学科卒業 (1927) ,同大学教授。特に日本の古生界と中生界の地質構造発達の研究から,『佐川造山輪廻と日本の起源』 (1941) において日本列島の地史を古生代末頃を中心とする秋吉造山輪廻と,中生代後期を中心とする佐川造山輪廻にまとめて論じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林貞一 こばやし-ていいち

1901-1996 昭和時代の地質学者。
明治34年8月31日生まれ。昭和19年東京帝大教授となる。高知の佐川盆地の地質構造を調査し,「佐川造山輪廻(りんね)とその日本群島の起源に対する意義」で,26年学士院賞。三葉虫化石の研究でも知られた。日本古生物学会会長。平成8年1月13日死去。94歳。大阪出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こばやしていいち【小林貞一】

1901~1996) 地質学者。大阪府生まれ。東大教授。四国山地における佐川造山運動の発見者。三葉虫化石の研究では新分類法を確立。アジア太平洋地域の地史学的・古生物学研究にも尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小林貞一の言及

【秋吉造山運動】より

…日本の三畳紀中ごろの造山運動の時階(フェーズphase)名として,1935年小林貞一が提唱したもので,山口県秋吉地方に由来する。小林は二畳紀から三畳紀にかけて日本の内側でおこった一連の地殻運動を秋吉造山サイクルとして総括し,それを先秋吉造陸運動,秋吉造山運動,後秋吉造山運動に三大別し,秋吉造山運動によって秩父地向斜の内側部分は山化したとした(1941)。…

※「小林貞一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小林貞一の関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数N末端残基Diaz de la Peña,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林貞一の関連情報