コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林貞一 こばやしていいち

3件 の用語解説(小林貞一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林貞一
こばやしていいち

[生]1901.8.31. 大阪
[没]1996.1.13. 東京
地質学者,古生物学者。東京大学地質学科卒業 (1927) ,同大学教授。特に日本の古生界と中生界の地質構造発達の研究から,『佐川造山輪廻と日本の起源』 (1941) において日本列島の地史を古生代末頃を中心とする秋吉造山輪廻と,中生代後期を中心とする佐川造山輪廻にまとめて論じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林貞一 こばやし-ていいち

1901-1996 昭和時代の地質学者。
明治34年8月31日生まれ。昭和19年東京帝大教授となる。高知の佐川盆地の地質構造を調査し,「佐川造山輪廻(りんね)とその日本群島の起源に対する意義」で,26年学士院賞。三葉虫化石の研究でも知られた。日本古生物学会会長。平成8年1月13日死去。94歳。大阪出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こばやしていいち【小林貞一】

1901~1996) 地質学者。大阪府生まれ。東大教授。四国山地における佐川造山運動の発見者。三葉虫化石の研究では新分類法を確立。アジア太平洋地域の地史学的・古生物学研究にも尽力。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小林貞一の言及

【秋吉造山運動】より

…日本の三畳紀中ごろの造山運動の時階(フェーズphase)名として,1935年小林貞一が提唱したもので,山口県秋吉地方に由来する。小林は二畳紀から三畳紀にかけて日本の内側でおこった一連の地殻運動を秋吉造山サイクルとして総括し,それを先秋吉造陸運動,秋吉造山運動,後秋吉造山運動に三大別し,秋吉造山運動によって秩父地向斜の内側部分は山化したとした(1941)。…

※「小林貞一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小林貞一の関連キーワード誘導尋問薄田宙哉公判自殺関与罪逮捕反対尋問北九州(市)正岡子規家電リサイクル法浅田真央

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林貞一の関連情報