題詞(読み)だいし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 題目として、巻頭に書くことば。題言。題辞。
※殿村篠斎宛馬琴書簡‐天保七年(1836)六月二二日「又唐山にても、元明已来歴々の文人たりとも、他作の稗史の序文或は題詞抔には、多く姓名をしるし候事」
② 詩歌の詠まれた事情・趣意・作者などを記したことばで、歌詞の前に置いたもの。詞書(ことばがき)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android