御仏前(読み)ごぶつぜん

精選版 日本国語大辞典「御仏前」の解説

ご‐ぶつぜん【御仏前】

〘名〙 (「ご」は接頭語)
① 仏を敬って、その前をいう語。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)一「楠木作りに一間四面の観音堂あって、〈略〉柴男の休み所となって御仏前(ブツゼン)は木の葉に埋もれおはしける」
② 亡くなった人やその位牌を敬って、その前をいう語。供物や香奠の包紙の上書きにも用いる。
※浄瑠璃・近江源氏先陣館(1769)二「これはこれは政子様、御仏前へ御焼香も相済みしが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御仏前」の解説

ご‐ぶつぜん【御仏前】

仏前を敬っていう語。
《仏前にお供えする香典や供物の上書きにする語。一般に忌み明け(四十九日)の後に使い、それまでは「御霊前」を用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葬儀辞典「御仏前」の解説

御仏前

位牌の前に供える品に記す語。四十九日以降に用います。それ以前は「御霊前」と記します。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android