法令全書(読み)ほうれいぜんしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法令全書
ほうれいぜんしょ

政府発刊の法令集編集刊行は国立印刷局。当月内の官報に掲載された憲法改正,証書,条約,法律,命令告示などが収録されることになっている (官報,法令全書,職員録等の発行に関する命令5) 。初刊は 1885年太政官文書局が出した『明治 18年1月号』である。その後,慶応3 (1867) 年 10月 15日の徳川慶喜大政奉還を報じる布告から,1884年末までの分も編集され現在まで継承されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうれいぜんしょ【法令全書】

明治維新以後の国の各種法令を月別に編集・集録した法令集。1885年7月太政官文書局が最初の編集に着手し,のち官報局さらに印刷局がこれをひきついだ。はじめは,85年1月以降の官報に掲載された詔勅・布告・布達・達・告示などを類別・編集して,毎月1回刊行し,年間の目録およびイロハ事類別索引を作成して検索の便を図った。86年1月公文式の発布により従前の法令形式が改められ,新たに法律・勅令閣令省令の形式を用いることになったため,この類別に従って編集されることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうれいぜんしょ【法令全書】

詔書・法律・政令・条約・府令・省令・規則・通達などの各種法令を月別に集録した法令集。国立印刷局が刊行。1885年(明治18)太政官文書局が編集したのに始まる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうれい‐ぜんしょ ハフレイ‥【法令全書】

〘名〙 日本の諸法令を、月別に集めて編纂(へんさん)したもの。明治一八年(一八八五)七月太政官文書局が始めた。現在は国立印刷局が刊行。〔印刷局官制(明治三一年)(1898)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android