コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付随音楽 ふずいおんがくincidental music

翻訳|incidental music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付随音楽
ふずいおんがく
incidental music

音楽用語。演劇,映画,その他の舞台作品につけられる音楽で筋の運びと深く結びついている。古代ギリシア劇,中世の典礼劇にも用いられた。代表例はベートーベンの『エグモント』,メンデルスゾーンの『夏の夜の夢』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふずいおんがく【付随音楽】

演劇などに随伴し、効果を高めるために作る音楽。付帯音楽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

付随音楽の関連キーワードシャルパンチエ(Marcグーセンス:スエズ以東~ピアノのための組曲/piano soloハイド:マチルダのワルツによるファンタジア/piano soloドビュッシー:古代のエピグラフ/1 piano 4 handsグリーグ(エドヴァルド・グリーグ)青少年のための管弦楽入門ミュジック・コンクレートペレアスとメリザンドペール・ギュントファランドールシュテファン王カバレフスキーペールギュントマンフレッドドビュッシーアテネの廃墟真夏の夜の夢悲しいワルツトルコ行進曲うっかり者