仙台ゆべし(読み)せんだいゆべし

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

仙台ゆべし[菓子]
せんだいゆべし

東北地方、宮城県地域ブランド
仙台市で製造されている。江戸時代からつくられていた餅菓子。丸柚と平柚の2種類がある。宮城県産の餅米に砂糖と醤油を加え、たっぷりのくるみを入れて蒸篭で蒸しあげる。柚の香りがほのかに漂い、上品な甘さがある。古くは朝鮮使節への饗応にも用いられたという。仙台の銘菓として全国的に有名。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android