コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙石亮 せんごく まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙石亮 せんごく-まこと

1854-1941 明治時代の鉱山技術者,経営者。
嘉永(かえい)7年4月24日生まれ。工部大学校(現東大)で鉱山学をまなび,工部省佐渡鉱山分局勤務をへて,明治19年秋田県小坂鉱山所長となる。30年から毛利家の経営する福岡県の炭鉱支配人,炭坑長をつとめる。44年故郷の福井にもどり教育の振興に尽力した。昭和16年11月23日死去。88歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仙石亮の関連キーワード米沢 万陸久津見晴嵐米沢万陸明治時代嘉永

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android