コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工部大学校 コウブダイガッコウ

6件 の用語解説(工部大学校の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうぶ‐だいがっこう〔‐ダイガクカウ〕【工部大学校】

工部省直轄の工学教育機関。明治4年(1871)に設立された工学寮を、同10年改称したもの。同19年東京帝国大学に合併し、帝国大学工科大学となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

工部大学校【こうぶだいがっこう】

1877年設立の総合的な工業教育機関。工部省の事業をになう技術者を外国人から日本人に切り換えるため1871年発足した工学寮の後身。6年制をとり,予科・専門科・実地科の3期に分けた。
→関連項目エアトンモレル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうぶだいがっこう【工部大学校】

明治初期の工業の専門教育機関。1871年(明治4)工部省に設けられた工学寮を,教育程度の充実に伴い77年に改称したもの。基礎,専門,実地各2年の6年制で全寮制,専門教育はイギリス人の教頭ダイアーH.Dyer以下の外人教師が担当した。当初は土木,機械,電信,造家,鉱山,化学,冶金の7学科で,82年に造船が加えられた。85年工部省廃止により文部省所管となり,帝国大学工科大学(1886設立)の母体のひとつとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうぶだいがっこう【工部大学校】

日本最初の工業教育機関。1877年(明治10)工部省工学寮工学校を改称したもの。86年東京帝国大学工芸学部と合併、帝国大学工科大学となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工部大学校
こうぶだいがっこう

工学寮」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工部大学校
こうぶだいがっこう

日本最初の工学教育機関。東京大学工学部の前身。工部省工学寮が1877年(明治10)改称したもので、工作局長大鳥圭介(けいすけ)が総理となった。工学寮は1871年、伊藤博文(ひろぶみ)・山尾庸三(ようぞう)の建議に基づいて設置され、1873年、機械工学者ダイエルほか8人のイギリス人教師を招いて開校、工学頭(こうがくのかみ)は山尾、教頭はダイエルであった。土木、機械、造家、電信、化学、冶金(やきん)、鉱山の7学科をもつ6年制の官費の専門学校で、学理面と実地面とを融合した、当時世界でも進歩的な工学教育機関であった。工部大学校は1879年に最初の卒業生19人を出し、1882年に造船科を増設、1885年工部省廃止に伴い文部省に移管され、翌年東京大学工芸学部と合併し、帝国大学工科大学となった。辰野(たつの)金吾、高峰譲吉、藤岡市助、井口在屋(いのくちありや)ら明治の工学界・産業界の指導者・技術者を輩出した。[菊池俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の工部大学校の言及

【近代建築】より

…第1に御雇外国人を招いて主要な建築の設計を委嘱したことである。大きな足跡を残した人物として,造幣寮(1871,大阪)などを造ったウォートルス,工部大学校本館(1887,東京)などを設計したボアンビルC.de Boinville,陸軍参謀本部(1881以降,東京)などの設計者カペレッティ,それにコンドル,エンデHermann Ende,ベックマンWilhelm Böckmannらがいる。なかでもコンドルは来日後死去するまでの間ほとんど日本に滞在し,設計ならびに後進の指導などを通じて最も日本に貢献したといえる。…

【工学】より


[日本における工学の成立]
 目を日本に転ずると,近代工学の理念の移植と定着は意外と早かった事実に驚かされる。すなわち,明治政府は産業育成に力を入れ,工部省をおいたが,工部省は早くも1871年(明治4)に,高級技術者の養成機関として工部大学校(当初は工学寮)を設立した。この学校はイギリス人ダイヤーH.Dyer(1848‐1918)の指導のもと,土木,機械,造家(建築)ほか,工学の諸分野が用意され,厳しい教育が行われた。…

※「工部大学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

工部大学校の関連キーワード開成学校科学教育教職課程専門教育鳴門教育大学議官工業専門学校女功場蓮門教女紅場(女工場)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

工部大学校の関連情報