コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙院 センイン

大辞林 第三版の解説

せんいん【仙院】

太上天皇の御所。また、太上天皇。仙洞せんとう。 「 -の故宮にぞ御座しける/太平記 37
女院の異名。 「国母-ともあふがれなんず/平家 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仙院の言及

【上皇】より

…太上天皇の異称には,上記の略称のほか,〈おりゐのみかど〉〈もとのうへ〉〈むなしきふね〉などの和風のものもあり,みな譲位の意による称で,〈むなしきふね〉は中国に出典のある〈虚舟〉の和訓である。しかしもっとも広く行われた異称は,上皇の御所を指す呼称から転じた院,仙院,仙洞などで,上皇が複数現存した場合は,一院または本院,中院,新院とよんで区別した。仙院,仙洞は上皇の御所を神仙の居所に見たてたもので,碧洞,洞中,藐姑射山(はこやさん)など,同類の用語もある。…

※「仙院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

仙院の関連キーワード照光院興意法親王江都督納言願文集大仙院書院庭園豊田 毒湛狩野雅楽助八百屋お七退蔵院庭園笠岡[市]霊雲院襖絵新熊野社太上天皇畠山政長古岳宗亘栗本瑞見大淵棟庵栗本丹洲田村元長竹田益州狩野元信牧野路子

仙院の関連情報