コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女院 にょいん

8件 の用語解説(女院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女院
にょいん

天皇の母,三后,後宮,内親王などに授ける尊称。一条天皇の母詮子が出家したとき「東三条院」を贈られたのが最初。待遇は上皇に準じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にょ‐いん〔‐ヰン〕【女院】

三后(さんごう)准母(じゅんぼ)女御(にょうご)内親王などで、朝廷から特に「院」または「門院」の称号を受けた女性。平安時代一条天皇のとき皇太后藤原詮子が出家の際に東三条院の院号を贈られたのに始まる。上皇に準じる待遇を受けた。にょういん。

にょう‐いん〔‐ヰン〕【女院】

にょいん(女院)」に同じ。
「何(いか)なる―、姫宮にても坐(おはし)ませ」〈太平記・一八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

女院【にょいん】

〈にょういん〉とも。天皇の母・后・皇女に贈られた尊号。待遇は院(上皇)と同じで,女院別当・判官代・主典代(しゅてんだい)などを任命。宮城(きゅうじょう)の門号による命名を門院という。
→関連項目宣陽門院八条院

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にょいん【女院】

〈にょういん〉とも読む。天皇の母や皇后,後宮,女御や内親王などで,女院号を宣下された者をいう。991年(正暦2)9月一条天皇の生母皇太后藤原詮子が病により出家したため,出家後の詮子の処遇が問題になり,皇太后を止め,改めて東三条院の院号を宣下し,太上天皇に准ずる待遇を与えたのが初例である。以後,1850年(嘉永3)2月,孝明天皇の生母藤原雅子新待賢門院の院号を宣下されるまで,詮子も含めて女院号を授けられた者は107名(このうち2度院号宣下を被った者があり,院号例は108)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にょいん【女院】

三后・准后・女御・内親王などで特に院号を与えられた人。一条天皇のとき、皇太后藤原詮子が出家に際して東三条院の院号を贈られたのが最初。上皇に準ずる待遇を受けた。にょういん。

にょういん【女院】

にょいん(女院) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女院
にょいん

天皇の母や皇后、後宮、皇女などで、女院号を宣下(せんげ)された者の称。「にょういん」とも読み、宮城の門号による命名が多かったので門院ともいう。991年(正暦2)一条(いちじょう)天皇の生母皇太后藤原詮子(せんし)が出家後、東三条院の号を授けられたのに始まり、ついで1026年(万寿3)後一条(ごいちじょう)天皇の生母太皇太后藤原彰子(しょうし)が上東門院(じょうとうもんいん)の号を宣下されて、門院号の例も開かれた。その後まもなく出家とは関係なく女院宣下が行われるようになり、さらに帝母でない三后、未婚の内親王、立后しない女御や後宮にも宣下され、ついには足利義満(あしかがよしみつ)の妻北山院(きたやまいん)のような特異な例や、没後追贈の例も生じ、1850年(嘉永3)宣下された孝明(こうめい)天皇の生母新待賢門院(しんたいけんもんいん)を最後として廃絶するまで、107人の女院を数えた。女院は本来太上(だいじょう)天皇に准ずる待遇を与えられたが、実際には時代により人によって大きな差異があり、また中世には莫大(ばくだい)な所領をもつ女院が相次いで現れ、皇室領の伝領に一役買った。[橋本義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の女院の言及

【皇室領】より

…また院政時代は皇室領荘園が飛躍的に増大した時代である。寄進地系荘園の設立が本格化し,院政権力のもとに荘園の寄進が集中したためであるが,天皇・上皇・女院(によいん)等の御願寺建立の盛行がそれに拍車をかけ,御願寺領荘園として皇室の所領を拡大した。鳥羽上皇建立の安楽寿院領48ヵ所,後白河上皇建立の六条長講堂領90余ヵ所などは,その代表的なものである。…

【女院】より

…〈にょういん〉とも読む。天皇の母や皇后,後宮,女御や内親王などで,女院号を宣下された者をいう。991年(正暦2)9月一条天皇の生母皇太后藤原詮子が病により出家したため,出家後の詮子の処遇が問題になり,皇太后を止め,改めて東三条院の院号を宣下し,太上天皇に准ずる待遇を与えたのが初例である。…

※「女院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

女院の関連キーワード橘嘉智子東三条院寛平承保安福殿女御磐之媛命京極院顕親門院藤原正子陽光院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女院の関連情報