仙洞(読み)セントウ

大辞林 第三版の解説

せんとう【仙洞】

太上天皇の御所。仙洞御所。院の御所。仙院。 「忠盛又-に最愛の女房をもつて/平家 1
太上天皇。上皇。院。 「主上にも-にも御弟にておはしましけり/保元 中・古活字本
仙人の住む清浄界。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙洞
せんとう

仙人の住む所、また俗界を離れた清浄な地の意から、太上(だいじょう)天皇(上皇(じょうこう))の御所。転じて太上天皇の別称となる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐とう【仙洞】

〘名〙
① 仙人の住むところ。また、俗界を離れた清浄な地。かすみのほら。
※続浦島子伝記(920)「久侍仙洞之筵。常嘗霊薬之味
※保元(1220頃か)中「院君が仙洞に入りしも、秦室七世の風に帰りき」 〔白居易‐春題華陽観詩〕
太上天皇(上皇)の御所。仙洞御所。院の御所。仙院。
※菅家文草(900頃)五・感金吾相公、冬日嵯峨院即事之什「老鶴従来仙洞駕、寒雲在昔妓楼衣」
※筑波問答(1357‐72頃)「内裏・仙洞・執柄家にては、公卿は官、殿上人は名朝臣、五位は名ばかり、六位は姓名ばかり」
③ (②から転じて) 太上天皇。上皇。院。
※古今連談集(1444‐48頃)上「我も我もと遊び給て、せんとうの御車を立られしは、面白き見物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の仙洞の言及

【上皇】より

…太上天皇の異称には,上記の略称のほか,〈おりゐのみかど〉〈もとのうへ〉〈むなしきふね〉などの和風のものもあり,みな譲位の意による称で,〈むなしきふね〉は中国に出典のある〈虚舟〉の和訓である。しかしもっとも広く行われた異称は,上皇の御所を指す呼称から転じた院,仙院,仙洞などで,上皇が複数現存した場合は,一院または本院,中院,新院とよんで区別した。仙院,仙洞は上皇の御所を神仙の居所に見たてたもので,碧洞,洞中,藐姑射山(はこやさん)など,同類の用語もある。…

【仙洞御所】より

…現在の京都御苑内にあった院御所と庭園。京都御所の東南に位置しており,約9万m2の境域を占め,仙洞御所と大宮御所からなる。仙洞とは太上天皇の居所を意味し,現在の位置に仙洞御所が創建されたのは1627年(寛永4)に後水尾天皇の譲位を予定して幕府が造営に着手し,30年に完成した後水尾院御所であり,同時に後水尾院中宮東福門院の御所が仙洞東北に造営された。…

※「仙洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙洞の関連情報