コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代替天然ガス だいたいてんねんガスsubstitute natural gas; SNG

1件 の用語解説(代替天然ガスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代替天然ガス
だいたいてんねんガス
substitute natural gas; SNG

合成天然ガスともいう。ナフサなどの炭化水素を原料とする製造ガスで,組成,発熱量,燃焼性などの諸性状が天然ガスとほぼ同一のもの。都市ガス液化天然ガス (LNG) を原料とする天然ガス化が進められているが,年間を通じて平均して輸入される LNGと季節変動の大きな都市ガス需要とのギャップを埋めることを目的として開発された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の代替天然ガスの言及

【合成天然ガス】より

…略称SNG。代替天然ガスsubstitute natural gasともいわれる。天然ガスはメタンを主成分とするが,この天然ガスを代替するために合成された高カロリーの燃料用ガスをいう。…

※「代替天然ガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone