代用液(読み)だいようえき(英語表記)Ersatzflüssigkeit[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

だいようえき【代用液 Ersatzflüssigkeit[ドイツ]】

あるいは細胞外液代用として用いられる人工的な溶液。生理的塩類溶液ともいう。生体から切り出した臓器組織でも,その動物に適合した代用液の中に入れたり,あるいは代用液で灌流すると,それら摘出標本の機能をかなりの時間維持することができる。ただし,その場合は十分な酸素を溶解させる必要がある。通常用いられる代用液は,その動物の間質液組成に類似した組成の液であるが,哺乳類ではほぼ共通した組成のものが用いられ,両生類にはやや低濃度のものが用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android