コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間質液 かんしつえきinterstitial fluid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間質液
かんしつえき
interstitial fluid

組織間液または組織液ともいわれる。種々の生体組織において,血管外の細胞間のすきまを満たし,組織の新陳代謝栄養物の供給,排泄物運搬などの役目をする液体成分。組織の状態によりその成分を著しく異にするが,毛細血管からの漏出によって生じ,一部はリンパ管に入ってリンパ (液) となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんしつ‐えき【間質液】

組織液

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

間質液

 組織液,細胞間液ともいう.血管の外にあり細胞の外にある体液,すなわち組織間の体液.塩類組成はNa,Clが多い細胞外液の特徴をもつ.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんしつえき【間質液 interstitial fluid】

細胞間液または組織液tissue fluidともいう。細胞外液の一部で,血漿と同様,種々の栄養物,電解質,ホルモン等を含む液体で細胞を直接とりまき,細胞の生活環境を形成しているもの。血漿(管内細胞外液)とともに生体内の内部環境を形成し,その電解質組成,浸透圧,pHは血漿とつねに平衡しており,かつ恒常的に至適な状態に保たれている。間質液は全体内水分量の約15%を占めているが,この間質液が異常に増加した病態がむくみ(水腫)とよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間質液
かんしつえき

生体に含まれる液体成分(体液)の一種で、細胞外液のうち、血漿(けっしょう)、リンパ、脳脊髄(せきずい)液を除いた残りをさす。組織液ともよばれ、各組織において細胞の間隙(かんげき)を満たしている。間質液は、ヒトの場合は体重の約15%を占める。間質液には、各種イオンが含まれるが、その組成はリンパ液のそれにほぼ等しい。また、血漿タンパクを含まないこと以外は、血漿の組成とも等しい。
 肝、肺等以外の体組織においては、間質液は血管壁を介して血液と、また、細胞膜を介して細胞内液と接しており、血液と細胞内液との物質交換を助けている。間質液は、毛細血管において血漿の一部が透過されて生じ、組織を潤したあと、ふたたび血管に戻るが、一部はリンパ管に入る。[真島英信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の間質液の言及

【血漿】より

…この液体が血清とよばれるもので,フィブリノーゲンその他の凝固因子の大部分が失われている点が血漿と異なる。血漿は循環する細胞外液であり,間質液とほぼ同じ組成で塩化ナトリウムを主体とする各種電解質,ブドウ糖,脂質,アミノ酸,ホルモンその他多くの物質を含んでいる。なお血漿がタンパク質を約7%含んでいるのに対し,間質液のタンパク濃度は約2%である。…

【体液】より

…体液の約1/3を占める細胞外液はさらに二つに分けられる。細胞間隙(かんげき)(間質)にあって直接細胞に接している間質液(細胞外液の約3/4)と,血管内にあって全身を循環する血漿(けつしよう)(細胞外液の約1/4)である。間質液と血漿は毛細血管壁を通じて溶質の交換を行い,これによって間質液の性状,組成はほぼ一定に保たれ,細胞の活動に必要な適正な生活環境(内部環境)が維持される。…

【代用液】より

…ただし,その場合は十分な酸素を溶解させる必要がある。通常用いられる代用液は,その動物の間質液組成に類似した組成の液であるが,哺乳類ではほぼ共通した組成のものが用いられ,両生類にはやや低濃度のものが用いられる。代用液としての基本条件は,浸透圧,pH,電解質組成が適当であること,場合によりブドウ糖などの栄養物を含むことである。…

※「間質液」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

間質液の関連キーワード浮腫(むくみ)細胞外水分内分泌腺微小循環組織間液再吸収代用液髄液

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間質液の関連情報