コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮想ネットワーク かそうねっとわーく

1件 の用語解説(仮想ネットワークの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

仮想ネットワーク

コンピューターやサーバー内部の仮想マシン同士を接続する、ソフトウェア的なネットワーク。実際のネットワークのように、個々のコンピューターに設置する仮想ネットワークアダプタ、仮想スイッチなどから構成され、それぞれMACアドレスを割り当て、IPアドレスを付与できる。既存のネットワーク対応アプリケーションからは、あたかもそこにアダプタや、連携する特定のアドレスを持つサーバーがあるように見えることになり、アプリケーションを改変することなく、サーバーから仮想サーバーへとマイグレーション引越し)できることになる。また、物理→仮想サーバーとは逆のマイグレーションもできる。すなわち、大規模なネットワークでサーバー同士が連動して動作する環境を構築する場合、実機でのテストに先立ち、数台、あるいは1台の仮想サーバーで、アプリケーションの動作やシステムの連携を確認することが、仮想化技術の進展でできるようになった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮想ネットワークの関連キーワード仮想マシン非ノイマン型コンピューターリモートアクセスサーバーミニコンピューターシングルチップコンピューターネットワークコンピューターバーチャルスペースPCサーバープリンターサーバーボードコンピューター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仮想ネットワークの関連情報