仮想ネットワーク(読み)かそうねっとわーく

ASCII.jpデジタル用語辞典「仮想ネットワーク」の解説

仮想ネットワーク

コンピューターサーバー内部の仮想マシン同士を接続する、ソフトウェア的なネットワーク。実際のネットワークのように、個々のコンピューターに設置する仮想ネットワークアダプタ、仮想スイッチなどから構成され、それぞれにMACアドレスを割り当て、IPアドレスを付与できる。既存のネットワーク対応アプリケーションからは、あたかもそこにアダプタや、連携する特定のアドレスを持つサーバーがあるように見えることになり、アプリケーションを改変することなく、サーバーから仮想サーバーへとマイグレーション(引越し)できることになる。また、物理→仮想サーバーとはのマイグレーションもできる。すなわち、大規模なネットワークでサーバー同士が連動して動作する環境を構築する場合、実機でのテストに先立ち、数台、あるいは1台の仮想サーバーで、アプリケーションの動作やシステムの連携を確認することが、仮想化技術の進展でできるようになった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android