コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮養子(読み)カリヨウシ

大辞林 第三版の解説

かりようし【仮養子】

江戸時代、武士に認められた家督相続についての幕府法上の制度。嫡子または定まった家督相続人のない大名・幕臣が、参勤交代や公用で遠国に旅行する時、不慮の場合に備えて幕府に願い出て許可を得た仮の養子。心当て養子。当分養子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仮養子の言及

【養子】より

…この間,1950年には国際児童福祉連盟が養子法の理念と原則を宣言し(1959年の国連の児童権利宣言),64年〈国際養子縁組条約〉の成立,67年〈ヨーロッパ養子協約〉の成立をみたことが,上の動向の背景となっている。 現代養子法の特色は,イギリスのように未成年養子以外は認めない国はもとより,他の養子類型(養親子間にのみ効果を認める縁組)を併存させている国でも,要保護児童のための〈完全養子〉が中心であり,いかにして養子の福祉を確保するかに配慮が向けられている(公的機関によるあっせん,試験養子・仮養子制度,離縁の禁止・制限,出生証明書に養子の記載をしないなど)。現代養子法のいま一つの機能は配偶者の(連れ)子を養子とする親族養子であり,アメリカ(年間10万件),イギリス(年間2万件)では全養子のほぼ半数をこれが占めている。…

※「仮養子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android