コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仰誓 ごうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仰誓 ごうせい

1721-1794 江戸時代中期-後期の僧。
享保(きょうほう)6年生まれ。浄土真宗本願寺派僧樸(そうぼく)にまなぶ。邪説にまどう門徒を教化するため石見(いわみ)(島根県)におもむき,明和元年(1764)浄泉寺の住職となる。のち西本願寺で教育を担当した。「妙好人(みょうこうにん)伝」の編者として知られる。寛政6年4月2日死去。74歳。京都出身。字(あざな)は欽願。号は合明閣。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仰誓の関連キーワード妙好人伝享保

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android