コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仰誓 ごうせい

1件 の用語解説(仰誓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仰誓 ごうせい

1721-1794 江戸時代中期-後期の僧。
享保(きょうほう)6年生まれ。浄土真宗本願寺派。僧樸(そうぼく)にまなぶ。邪説にまどう門徒を教化するため石見(いわみ)(島根県)におもむき,明和元年(1764)浄泉寺の住職となる。のち西本願寺で教育を担当した。「妙好人(みょうこうにん)伝」の編者として知られる。寛政6年4月2日死去。74歳。京都出身。字(あざな)は欽願。号は合明閣。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仰誓の関連キーワード享保の改革大石久敬葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽有期労働者小石川植物園エストニア市房山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone