コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧樸 そうぼく

1件 の用語解説(僧樸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

僧樸 そうぼく

1719-1762 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)4年生まれ。浄土真宗。京都西本願寺の学林で法霖(ほうりん)にまなぶ。摂津祐貞寺(大阪府)を開創。のち学林で講義。寸暇をおしんで勉学,生米のままたべたので「米かみ僧樸」といわれた。宝暦12年9月23日死去。44歳。越中(富山県)出身。俗姓は高橋。法名ははじめ関樸(かんぼく)。字(あざな)は抱質。号は休々子,昨夢廬。諡(おくりな)は陳善院。著作に「安楽集講録」「真宗念仏現益弁」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

僧樸の関連キーワード漂流町奉行チェコの要覧蔡温ビュート伯後桜町天皇桃園天皇後桜町天皇シラン桃園天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone