僧樸(読み)そうぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

僧樸 そうぼく

1719-1762 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)4年生まれ。浄土真宗。京都西本願寺の学林で法霖(ほうりん)にまなぶ。摂津祐貞寺(大阪府)を開創。のち学林で講義。寸暇をおしんで勉学,生米のままたべたので「米かみ僧樸」といわれた。宝暦12年9月23日死去。44歳。越中(富山県)出身。俗姓は高橋。法名ははじめ関樸(かんぼく)。字(あざな)は抱質。号は休々子,昨夢廬。諡(おくりな)は陳善院。著作に「安楽集講録」「真宗念仏現益弁」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android