仲人は宵の口(読み)なこうどはよいのくち

精選版 日本国語大辞典「仲人は宵の口」の解説

なこうど【仲人】 は 宵(よい)の=口(くち)[=内(うち)・=程(ほど)

仲人の仕事は結婚の夜ので終わるもの。長居せず早く引き上げるほうがよい。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉前「媒人(ナカウド)は宵の中(クチ)って、ねえお主婦(かみさん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仲人は宵の口」の解説

仲人(なこうど)は宵の口

仲人は、結婚式が済んで任務が終わったら、長居をせずに引き上げたほうがいい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典「仲人は宵の口」の解説

仲人は宵の口

仲人の仕事は三三九度の杯がすめばそれで終わる。長居せずに宵のうちにひき上げたほうがよい。

〔異形〕仲人は宵の内/仲人は宵のほど

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android