仲人は宵の口(読み)ナコウドハヨイノクチ

大辞林 第三版の解説

なこうどはよいのくち【仲人は宵の口】

仲人のつとめは式の宵に終わるものだから、若夫婦のじゃまにならぬように早く引き上げるのがよいということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なこうど【仲人】 は 宵(よい)の=口(くち)[=内(うち)・=程(ほど)

仲人の仕事は結婚の夜ので終わるもの。長居せず早く引き上げるほうがよい。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉前「媒人(ナカウド)は宵の中(クチ)って、ねえお主婦(かみさん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android