コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任意的結社 にんいてきけっしゃ voluntary association

1件 の用語解説(任意的結社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任意的結社
にんいてきけっしゃ
voluntary association

共通の利益や関心の追求のために,血縁・地縁原理から生じる義務からではなく,自主的選択によって活動をともにする人々の集団。任意的結社には,一時的な作業班のようなものから,アメリカにおける移民の結社などのように新参者の適応を援助するものや,クラブフラターニティ等の友好団体,宗教的・呪術的信仰と儀礼の目的を持つ秘密結社等,社会統制や教育を主な目的とする比較的統合度の高いものまでさまざまな形態がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

任意的結社の関連キーワード派生社会利己主義実利私利ビジネス株主資本主義共益費用戦う腹を剖き珠を蔵す集票マシン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone