コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈約 しんやく Shen Yue

7件 の用語解説(沈約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈約
しんやく
Shen Yue

[生]元嘉18(441)
[没]天監12(513)
中国,六朝時代の文学者,政治家。武康 (浙江省) の人。字,休文。少年時代,貧困のうちに勉学に励んだ。宋から斉に仕え,御史中丞となったが,梁の武帝即位の際に協力し,その後は尚書僕射,侍中として勢威があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐やく【沈約】

[441~513]中国、南北朝時代の詩人・学者。武康(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は休文。に仕えたのち、梁(りょう)武帝に仕えた。詩文をよくし、また音韻理論を研究し、詩八病(しはちへい)説を唱えた。その詩は永明体とよばれる。著「宋書」「四声譜」など。

ちん‐やく【沈約】

しんやく(沈約)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんやく【沈約 Shěn Yuē】

441‐513
中国,南朝の文人。字は休文。彼が生をうけた呉興武康(浙江省武康)の沈氏は〈将門〉,すなわち武将の家柄であって一流の門閥貴族ではない。しかも父は政治上の事件に連座して,沈約13歳のときに自殺を命ぜられている。このような家庭環境にもかかわらず,努力と持ちまえの詩文の才によってめきめきと頭角をあらわすにいたった。南斉の永明時代(483‐493)には竟陵王蕭子良(しようしりよう)のサロンに集って,〈永明体〉とよばれる詩風の旗手となり,そこで知りあった蕭衍(しようえん)(梁の武帝)がやがて梁王朝を創業すると,尚書令に進んで官界に重きをなし,文学界,思想界ににらみをきかせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんやく【沈約】

441~513) 中国、南北朝時代、梁の学者。字あざなは休文。宋・斉に仕え、梁の武帝の宰相を務めた。博学で、声律を研究して中国語の四声を発見、詩八病しはちへいを指摘し、また、永明体の詩をよくした。編著書「晋書」「宋書」「斉紀」「梁武紀」「四声譜」など。

ちんやく【沈約】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈約
しんやく
(441―513)

中国、南朝梁(りょう)の文人。字(あざな)は休文。呉興郡武康(浙江(せっこう)省)の人。武官系の寒門の出身であるが、学問と文才によって、宋(そう)、斉(せい)、梁の3代に仕え、斉梁文壇の第一人者となった。斉の竟陵(きょうりょう)王(蕭子良(しょうしりょう))の文学サロンに出入りした「竟陵の八友」(沈約、蕭衍(しょうえん)、王融(おうゆう)、范雲(はんうん)、謝(しゃちょう)、任(じんぼう)、陸(りくすい)、蕭(しょうちん))の詩風は、年号によって「永明(えいめい)体」とよばれる。典故、対句、声律などを駆使し、形式的な言語美をより洗練させた。沈約の四声八病説は、中国語の音声的特徴である四声を組み合わせて音律美を構築しようとしたもので、繁雑すぎて試論にとどまったが、唐代の近体詩成立に寄与した。ただその詩は没個性的で、遠く謝に及ばず、技巧に走った「永明体」の弊害をも代表する。文学仲間の蕭衍(梁の武帝)のブレーンとして梁王朝の実現に尽力し、高官となったが、むしろ文壇で重きをなした。南朝宋の断代史『宋書』を著した歴史家でもあり、仏教信者としても知られる。『沈隠侯集』2巻がある。[成瀬哲生]
『網祐次著『中国中世文学研究――南斉永明時代を中心として』(1960・新樹社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沈約の言及

【永明文学】より

…中国,六朝時代,斉(せい)の武帝の永明年間(483‐493)における文学をいう。詩が主流であり,その中心となったのは,武帝の第2子,竟陵王や文恵太子の下に集まった謝朓(しやちよう),任昉(じんぼう),沈約(しんやく),陸(りくすい),范雲,蕭琛(しようちん),王融,蕭衍(しようえん)ら,いわゆる〈竟陵の八友〉で,彼らは竟陵王の西邸や太子の東宮で開かれる文会に参集して詩を作りあった。その詩の特徴は,綺麗な表現,巧みな典故技法,そうして韻律論の適用である。…

【詩】より

…すなわち,中国語固有の四つの声調(〈四声〉)を調和させて用いることに心がけるようになったのである。なかでも,梁の沈約(しんやく)は《四声譜》を著して,この面に大きく貢献した。南朝の詩の特色をよく表しているのは,南斉の謝朓(しやちよう)の作品である。…

【題壁詩】より

…清の劉鶚(りゆうがく)の《老残遊記》にも題壁詩の実例がしるされている。梁の文豪沈約(しんやく)は,浙江省金華県に建てられた玄暢楼(げんちようろう)の壁に自作の〈八詠詩〉を書きしるし,以後玄暢楼は,八詠楼とも称された。唐代詩人にも〈壁に題す〉と題がつけられているものが数多くあるが,すべて〈題壁詩〉である。…

【中国文学】より

…2書とも6世紀の初めの著作であった。それらに先だつ5世紀末に沈約(しんやく)が中国の音調を研究して四声(しせい)(平(ひよう)・上・去・入)の名称を定め,その違いが詩文の韻律に及ぼす効果を論じた。彼の四声と八病(はつぺい)の説は大きな反響をよび,中国の作詩法の基礎は,ここに定まった。…

※「沈約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沈約の関連キーワード曽衍東沈小霞大谷正義許光祚胡公寿江総四有徐陵劉義慶生を享ける

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone