コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹城 いたみじょう

日本の城がわかる事典の解説

いたみじょう【伊丹城】

兵庫県伊丹市伊丹にあった平城(ひらじろ)。国指定史跡。戦国時代に織田信長に反逆した荒木村重(むらしげ)が居城した。南北朝時代、この地の豪族伊丹氏によって築城されたといわれる。1472年(文明4)には伊丹但馬守が大修築し、伊丹氏は戦国時代にかけて勢力を拡大、摂津の戦国大名にのしあがった。1574年(天正2)織田信長配下の荒木村重が伊丹親興(ちかおき)を攻め落とした。村重は伊丹城に入城すると、岸の砦・上臈塚砦・鵯砦の3つの砦と城下町を囲む総構えの堅固な城を完成させ、城の名を「有岡城」と改称した。1578年(天正6)、村重は信長に反旗を掲げ、有岡城に籠城する。このとき羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の命を受けた黒田官兵衛孝高(くろだかんべえよしたか)が有岡城に説得に出向き、長らく土牢に幽閉された話は有名。翌年織田軍に攻められ落城、村重はひそかに伊丹城を脱出していたが、村重の妻子をはじめ一族郎党は虐殺された。その後、池田之助(ゆきのすけ)が有岡城主となり、再び伊丹城と呼ばれるようになった。1583年(天正11)之助が美濃に移封されると、伊丹城は廃城となった。本丸跡の一部分が残されており、城跡公園として復元、整備され、石垣も築かれている。また私有地や神社になっているが、要所に築かれた3つの砦跡も確認できる。JR福知山線伊丹駅から徒歩すぐ。◇有岡城ともよばれる。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

伊丹城の関連キーワード伊丹庄左衛門岩佐又兵衛伊丹(市)浦上村宗伊丹親興荒木村重岩佐勝以伊丹元扶伊丹康直柳本賢治富松城池田城