コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予薩摩 いよさつま

1件 の用語解説(伊予薩摩の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

いよさつま【伊予薩摩】


愛媛の郷土料理で汁物の一種。焼き魚の身と焼いた麦みそをすり鉢ですり混ぜ、これをだし汁でのばし、下味をつけたこんにゃくやきゅうりなどを入れ、飯や麦飯にかけて食べるもの。魚は小あじ・小鯛・めばるなどを用いることが多い。◇薩摩国から伝わったとされる。「さつま汁」「さつま」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊予薩摩の関連キーワード釘煮豚骨鉢肴らふてえ芋串じゃこ天貝焼き奉書焼きあしらい焼き魚

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone