コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊佐氏 いさうじ

世界大百科事典 第2版の解説

いさうじ【伊佐氏】

諸国に散在するが,中世武家として比較的著名なものに常陸,肥前,長門の伊佐氏がある。(1)常陸の伊佐氏 常陸の伊佐郡(現在の茨城県下館市西部)を本拠とする氏で,為賢流桓武平氏(常陸大掾氏と同系)とする説と,山陰流藤原氏とする説とがあり,後者によれば陸奥の伊達氏と同族とされる。鎌倉初期には為宗が鹿島社造営奉行を務め,行政は承久の乱で活躍し,その後将軍に近侍したものもあったが,鎌倉後期には北条氏の被官となったとみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

伊佐氏の関連キーワード常陸国関城跡伊佐城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊佐氏の関連情報