彼杵(読み)そのき

精選版 日本国語大辞典「彼杵」の解説

そのき【彼杵】

〘名〙 (明治以降は「その」) 長崎県の南西部にあった。明治一一年(一八七八)西彼杵・東彼杵の二郡に分けられた。その後、長崎大村西海の各市が成立
肥前風土記(732‐739頃)彼杵「彼杵の郡 郷は肆所〈里は七〉、駅は弐所、烽は参所なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報