コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊余部馬飼 いよべのうまかい

1件 の用語解説(伊余部馬飼の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

伊余部馬飼

生年:生没年不詳
大宝律令」編纂に参加した学者。氏名は伊与部,伊預部,名は馬養とも書く。持統3(689)年撰善言司(書物編纂官)となり,文武4(700)年に律令の編纂に加わった功により,翌年には「大宝律令」の完成により,いずれも禄を賜った。時に従五位下。『懐風藻』に皇太学士として,詩1首を残しており,享年45とある。大宝3(703)年2月,子に田6町,封100戸を賜っているので,没時はこのころか。天平宝字1(757)年には功田の品を下功田と定められ,10町を子に伝えた。『釈日本紀』巻12に引用されている『丹後国風土記』によれば,馬飼が丹後守であったときに浦嶋子の伝説を記したという。<参考文献>滝川政次郎『律令の研究』

(岩本次郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊余部馬飼の関連キーワード飛鳥浄御原律令粟田真人大宝律令道首名養老律令律令坂合部唐薩弘恪白猪骨調老人

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone