コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊奈忠克 いな ただかつ

2件 の用語解説(伊奈忠克の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊奈忠克 いな-ただかつ

?-1665 江戸時代前期の武士。
伊奈忠治(ただはる)の長男。幕臣。承応(じょうおう)2年父の跡をつぎ関東郡代となり,翌年水道奉行として玉川上水を完工させる。のち江戸湾に流入していた利根川を銚子口にかえ,万治3年には利根川の水を武蔵(むさし)幸手(さって)領(埼玉県)にひく灌漑(かんがい)用の幸手用水などをひらいた。寛文5年8月14日死去。通称は半左衛門。名は忠勝ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊奈忠克

没年:寛文5.8.14(1665.9.22)
生年:生年不詳
江戸前期の関東郡代。通称半左衛門。伊奈忠治の長男。寛永9(1632)年はじめて将軍徳川家光に拝謁。正保2(1645)年関東の代官となる。慶安3(1650)年五畿内および近江,伊勢,美濃の洪水地域を査察し修復に努めた。承応2(1653)年,関東郡代職を世襲。父の遺領7000石を相続したが,内3960石を知行し,他を弟2人に分与する。翌3年に水道奉行として,父忠治の事業を継承し江戸市民の飲料水となる玉川上水を完成。次いで葛西用水(埼玉県,東京都)や琵琶溜井用水(埼玉県)を開削。また江戸湾に入っていた利根川を東遷事業により,銚子口へ流れるようにした。寛文1(1661)年には武蔵,下総,常陸の新田開発を推進。同4年に陸奥国信夫郡,伊達郡のうち幕領12万石の支配を兼務した。郡代在任11年8カ月。<参考文献>本間清利『関東郡代』,『川口市史/通史編』上

(村上直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊奈忠克の言及

【葛西用水】より

…埼玉県東部から東京都まで延びる一大農業用水路。1660年(万治3)幕府の代官伊奈半左衛門忠克が開削。埼玉県羽生市本川俣で利根川から取水,会ノ川を合わせた後,川口で古利根川に入る。越谷市前波付近で古利根川と分かれて,南西へ約3km流れた後,元荒川に入り,その河床をせき止めて瓦曾根溜井とした後,一部の水はそのまま元荒川を流れて古利根川へ合流する。残りの水は南流して草加・八潮両市の一部の水田を灌漑する。【籠瀬 良明】…

【関東郡代】より

…江戸幕府の地方行政官の職名。代官頭伊奈忠次の系譜を引く伊奈氏が世襲で郡代職を継いだが,江戸後期に勘定奉行の兼任後,一時,廃止されたが再置,幕末に関東在方掛と改称された。徳川氏の関東入国後,代官頭伊奈忠次が100万石を支配したが,その子忠政の弟忠治が引き続き地方(じかた)支配した。1642年(寛永19)に幕府は忠治に対し関東代官の統轄と河川の改修,築堤の専管を命じ,これによって関東郡代が事実上成立した。…

※「伊奈忠克」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊奈忠克の関連キーワード伊奈忠治関東郡代伊奈忠宥伊奈忠勝伊奈忠尊伊奈忠順伊奈忠政伊奈忠逵小島正重後藤林乗

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone