コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊奈忠治 いなただはる

5件 の用語解説(伊奈忠治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊奈忠治
いなただはる

[生]文禄1(1592)
[没]承応2(1653).6.27. 江戸
江戸時代初期の幕臣で農政家。備前守。代官頭として名高い忠次の次男。関東郡代勘定奉行

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊奈忠治 いな-ただはる

1592-1653 江戸時代前期の武士。
文禄(ぶんろく)元年生まれ。伊奈忠次の次男。元和(げんな)4年(1618)兄忠政の跡をつぎ代官頭(関東郡代の前身)となり,武蔵(むさし)赤山(埼玉県)に7000石を領する。利根川,荒川の改修工事や江戸川などの開削,常陸(ひたち)(茨城県)谷原領での干拓などにあたる。寛永19年関東諸代官の統轄,河川の修築を命じられ,伊奈家世襲の関東郡代が成立した。承応(じょうおう)2年6月27日死去。62歳。通称は半十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊奈忠治

没年:承応2.6.27(1653.7.21)
生年:文禄1(1592)
江戸前期の関東郡代。通称半十郎。代官頭伊奈忠次の次男。はじめ勘定方を勤め,元和4(1618)年,兄忠政の死後,伊奈家の家督と代官頭の職を継ぐ。寛永6(1629)年ごろ,武蔵国赤山陣屋(埼玉県川口市)を設けて地域行政の拠点としたが,それに伴い,周辺に7000石の知行地を与えられた。父忠次の仕法を継承発展させ関東および駿河,遠江,三河の幕領を管掌した。新川や江戸川,権現堂川(埼玉県)の開削,利根川の東遷,荒川の西遷事業を推進,常陸,下総にまたがる谷原新田など流域の新田開発の拡張に努め,寛永10年栗橋,松戸,市川の関所を管掌し,関東領国支配の拡充をはかった。同19年勘定頭の成立により関東河川の修治と代官の監督を命ぜられる。正保1(1644)年の国絵図・城絵図の作成にも参画し,同4年には民政に意を用い領内に飢民なき功により褒賞を受ける。承応2(1653)年には玉川上水の開削工事に当たり水道奉行を命じられたが,同年62歳で没した。関東郡代の基礎は忠治の在職35年の間に固められ,伊奈家は代々,関東郡代の職を世襲することになった。『武蔵田園簿』(1649頃)によると武蔵国内だけでも支配地は27万石におよんだ。大正期に建てられた茨城県筑波郡谷和原村の頌徳碑(1921)がある。<参考文献>本間清利『関東郡代』,『川口市史/通史編』上

(村上直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いなただはる【伊奈忠治】

1592‐1653(文禄1‐承応2)
江戸前期の代官,関東郡代。忠次の次男。半十郎と称す。若いころより父を助け地方巧者(じかたこうしや)として活躍。1618年(元和4)兄忠政の死後,代官頭を継ぎ武蔵国赤山(埼玉県川口市)に陣屋を構え知行地7000石を与えられた。関東・東海地方を支配し,利根川・荒川の治水工事など新田開発を実施した。42年(寛永19)新たに関東代官を統轄し堤防修築を管轄する任に就く。関東郡代の役職はこの忠治のとき固定化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊奈忠治
いなただはる
(1592―1653)

江戸幕府の勘定頭(がしら)、のち関東代官頭。伊奈忠次の次男として武蔵(むさし)国に生まれる。半十郎と称した。1606年(慶長11)幕府勘定方に勤め武蔵国足立(あだち)郡植田谷(うえだがや)領(現埼玉県さいたま市付近)で800余石を知行(ちぎょう)した。10年父忠次の死後代官となり、検地の施行、新田の開発、河川の改修などを精力的に推し進めた。ことに21年(元和7)の利根(とね)川流路の改修や鬼怒(きぬ)川と小貝(こかい)川との分離改修、29年(寛永6)の荒川の瀬替(せが)え改修、35年江戸川の開削や用水路の開発など、関東東部低湿地の治水を安定させた功績は大きい。この間、足立郡赤山(埼玉県川口市)に陣屋を設け7000余石を知行、江戸近郊の要衝地をはじめ栗橋(くりはし)、松戸、市川などの関所を支配した。35年幕府勘定頭に任ぜられたが、42年勘定頭を免ぜられ、3代将軍家光より、今後は関東代官の得失をただし、河川の修治にあたるべき旨命ぜられ、事実上の関東の代官頭となり、ここに関東郡代を世襲する伊奈家の基礎が開かれた。承応(じょうおう)2年6月27日、62歳で没し鴻巣(こうのす)勝願寺(しょうがんじ)に葬られる。[本間清利]
『本間清利著『関東郡代』(1977・埼玉新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊奈忠治の言及

【関東郡代】より

…江戸幕府の地方行政官の職名。代官頭伊奈忠次の系譜を引く伊奈氏が世襲で郡代職を継いだが,江戸後期に勘定奉行の兼任後,一時,廃止されたが再置,幕末に関東在方掛と改称された。徳川氏の関東入国後,代官頭伊奈忠次が100万石を支配したが,その子忠政の弟忠治が引き続き地方(じかた)支配した。1642年(寛永19)に幕府は忠治に対し関東代官の統轄と河川の改修,築堤の専管を命じ,これによって関東郡代が事実上成立した。…

※「伊奈忠治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊奈忠治の関連キーワード関東郡代栗橋関西国筋郡代伊奈忠克伊奈忠政小島正重長谷川長綱松林無雲代官頭関東郡代岩鼻役所

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone