伊藤介亭(読み)いとう かいてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤介亭 いとう-かいてい

1686*-1772 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)2年12月10日生まれ。伊藤仁斎の3男。父や異母兄の伊藤東涯にまなぶ。叔父伊藤進斎の家をつぐ。享保(きょうほう)11年摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)藩主永井直期(なおざね)にまねかれ儒官となる。書にもすぐれた。明和9年10月24日死去。88歳。京都出身。名は長衡。字(あざな)は正蔵。別号に謙々斎。著作に「介亭詩稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android