伊藤博文旧宅(読み)いとうひろぶみきゅうたく

国指定史跡ガイドの解説

いとうひろぶみきゅうたく【伊藤博文旧宅】


山口県萩市椿東(ちんとう)にある邸宅跡。松下村塾から南に150mのところにある。もと長州藩の中間、水井武兵衛(のち伊藤直右衛門に改名)の居宅であったが、1854年(安政1)、博文14歳のときに父林十蔵が直右衛門の養子となり、一家をあげて伊藤家に入家し、居住した。茅葺き、入り母屋造りの平屋建てで、総建坪29坪、付属建物として便所、風呂場がある。居宅各室は6畳1室、5畳半1室、4畳半1室、3畳3室、2畳1室、玄関土間である。博文は松下村塾に通い、その後イギリスに留学するなどし、この家に安住するいとまはなかったが、1868年(明治1)に兵庫県知事に赴任するまでこの家が本拠であった。1932年(昭和7)に国の史跡に指定された。隣に別邸があり、博文晩年の1907年(明治40)に東京に建てられていたものの一部を萩に移築した。徒歩数分のところに松陰神社、松下村塾がある。JR山陰本線萩駅からコミュニティバス「松陰神社前」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android