コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤宗十郎 いとう そうじゅうろう

2件 の用語解説(伊藤宗十郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤宗十郎 いとう-そうじゅうろう

?-1615? 織豊時代の豪商。
伊藤祐広(すけひろ)の子。名は祐道。父とともに織田信長につかえ,元亀(げんき)3年朱印状をえて尾張(おわり),美濃(みの)の呉服商を統括した。慶長16年名古屋に呉服小間物問屋いとう呉服店(松坂屋の前身)を創業。20年大坂の陣で戦死したという。のち子の祐基が営業を再開,伊藤次郎左衛門(初代)を名のった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤宗十郎

生年:生没年不詳
戦国末・安土桃山時代の豪商。法名は安中。織田信長の城下清州(愛知県)における尾張・美濃(岐阜県)両国の商人司。慶長15(1610)年,子の助三郎の代に清州より名古屋本町へ移住。屋号は唐木屋。「寛延旧家集」(『名古屋叢書』12巻)に関係文書が18通収録されている。これらによれば,宗十郎が信長より尾張・美濃両国の唐人方(輸入呉服)および呉服方の商売司を拝命したのは元亀3(1572)年12月で,その支配は両国一円におよんだ。国内商人はどの売り子でも伊藤支配の夷講へ加入,その手形を所有する義務があった。また,清州で商売をする他国商人も支配した。<参考文献>豊田武『増訂中世日本商業史の研究』

(岩崎義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊藤宗十郎の関連キーワード本阿弥光悦元和人形浄瑠璃古唐津石川康勝大野治長大野治房片桐且元木村重成猿飛佐助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone