コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀川 いががわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊賀川
いががわ

三重県北西部,上野盆地の北部を西流する川。木津川の上流。長さ 39km。鈴鹿山脈南端に発する柘植川,布引山地北部に発する服部川,長田川などが伊賀市中西部で合流して伊賀川となり,さらに西流して京都府南山城村名張川と合流,木津川となる。途中,伊賀市に岩倉峡の景勝がある。伊賀川,長田川を木津川本流とすることもある。江戸時代高瀬舟が上野までさかのぼって伊賀の物資を京都や大坂へ運んだ。流域は伊賀米の産地。川沿いに JR関西本線が通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の伊賀川の言及

【木津川】より

…伊勢と伊賀の境界をなす布引山地に源流を発し,前深瀬川,久米川を合わせて上野(伊賀)盆地に入り,柘植(つげ)川,服部川を合わせて西流する。この付近を伊賀川とも呼ぶ。次いで名張川,大和高原から北流する布目川,白砂川,信楽(しがらき)山地からの和束(わつか)川などを合流させ,京都盆地南部に入る。…

※「伊賀川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone