コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野盆地 うえのぼんち

6件 の用語解説(上野盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上野盆地
うえのぼんち

三重県西部の地溝性構造の盆地。伊賀盆地ともいう。東は布引山地,西は笠置山地,南は高見山地に挟まれ,北は低い水口丘陵を隔てて近江盆地に続く。地質時代古琵琶湖の一部で,古琵琶湖層群の地層が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うえの‐ぼんち〔うへの‐〕【上野盆地】

三重県西部の盆地。東は布引山地、西は大和高原、南は高見山地に囲まれ、中心は伊賀市。伊賀米・伊賀焼を産する。伊賀盆地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上野盆地【うえのぼんち】

三重県中北部にある地溝盆地。伊賀盆地とも。面積約770km2で,小丘陵によって幾つかの小盆地に分かれる。主部は第四系,第三系からなる約60km2の盆地で,上野市街が発達する。
→関連項目名張[市]三重[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うえのぼんち【上野盆地】

三重県西部の小盆地で伊賀盆地ともいう。東は布引山地,西は大和高原,北は水口丘陵,信楽(しがらき)高原,南は室生火山群によって囲まれている。第三紀末から第四紀洪積世にかけては,いわゆる古琵琶湖の一部であったが,その後の地盤変化で生じた木津川断層によって排水され陸化が進んだ。盆地内は木津川,服部川,柘植(つげ)川流域の北部平地(狭義の上野盆地)と名張川宇陀川流域の南部小平地(名張盆地)に分けられる。気候は内陸的で寒暑の差が大きく,降水量は県下で最も少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕上野盆地(うえのぼんち)


三重県北西部の盆地。木津(きづ)川上流域を占める地溝性盆地で、東は布引(ぬのびき)山地、西は笠置(かさぎ)山地、北は水口(みなくち)丘陵、南は室生(むろう)山地などに囲まれる。東西約10km、南北約13km。広義には名張(なばり)・大山田(おおやまだ)・阿山(あやま)の各盆地を含む。伊賀(いが)盆地とも。地質時代は古琵琶(こびわ)湖の一部で、地殻変動でできた木津川断層のため排水され陸化。断層による小丘陵が盆地内を分ける。稲作のほか畜産・茶栽培が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上野盆地
うえのぼんち

三重県中西部にある盆地。伊賀(いが)盆地ともいう。地溝性構造盆地で盆地底高度は約130メートル。東の布引(ぬのびき)山地、南の高見(たかみ)山地が700~800メートルの高峻(こうしゅん)な障壁となって伊勢(いせ)平野とくぎるが、西はやや低い笠置(かさぎ)山地、北東部はさらに緩やかな水口(みなくち)丘陵を隔てて近江(おうみ)盆地に続く。第三紀末から更新世(洪積世)にかけて盆地の大部分が古琵琶(びわ)湖とよばれる湖の湖底にあった。とくに南部ほど古く、名張(なばり)市付近から北の丘陵に古琵琶湖層群最下部の伊賀累層が広く分布する。盆地内は小断層によって、旧上野市付近(現、伊賀市の中心部)の狭義の上野盆地のほか名張盆地、大山田盆地、阿山(あやま)盆地などにくぎられるが、すべて木津(きづ)川流域に属する。伊賀、名張の2市があり、JR関西本線、近畿日本鉄道大阪線、名阪国道が盆地を横断し、伊賀鉄道伊賀線が縦断している。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上野盆地の言及

【三重[県]】より


[地域差の大きい自然と農林水産業]
 県央の櫛田川の渓谷に沿って中央構造線が東西に走る。北部の西南日本内帯はなだらかな地形の伊勢平野上野盆地(伊賀盆地),南部の外帯は急峻な山地が海岸近くまでせまり,志摩半島と東紀州のリアス海岸が続いている。北部では鈴鹿山脈および布引・高見両山地が分水嶺をなす。…

※「上野盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上野盆地の関連キーワード伊賀盆地上川盆地雫石盆地都城盆地阿山〈町〉伊賀〈町〉上野〈市〉三重県伊賀市上友田三重県伊賀市川合三重県伊賀市瀧

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone