コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名張川 なばりがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名張川
なばりがわ

三重県西部,上野盆地西部から京都府南部を北流する川。木津川の支流。奈良県宇陀山地に発する宇陀川と,奈良・三重県境をなす高見山地北側に発する青蓮寺川 (しょうれんじがわ) とが名張市で合流して名張川となり,三重・奈良県境付近を北流して奈良県奈良市北東部を通り,京都府南部で伊賀川と合して木津川となる。全長 62km。宇陀川の支流丈六川上流に赤目四十八滝,青蓮寺川に青蓮寺湖 (ダム) ,香落渓などの景勝があり,赤目の峡谷は国の名勝。室生赤目青山国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なばり‐がわ〔‐がは〕【名張川】

三重・京都・奈良の府県境を流れる川。奈良県宇陀(うだ)郡御杖(みつえ)村南東部の三峰(みうね)山(標高1235メートル)北麓に源を発して北流し、三重県名張市で青蓮寺(しょうれんじ)川・宇陀川を合流、さらに京都府相楽(そうらく)郡南山城村で伊賀川と合流して木津川となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕名張川(なばりがわ)


奈良県東部から三重県西部を経由して京都府南東部へ流れる川。高見(たかみ)山地の白髪(しらがみ)峠に源を発し、北流して青蓮寺(しょうれんじ)川・宇陀(うだ)川などを合わせ、京都府相楽郡南山城(みなみやましろ)村で木津(きづ)川に合流する。1級河川(淀(よど)川水系)。延長62km。上流域は室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園に属し、青蓮寺川に香落渓(こおちだに)が、宇陀川の支流滝(たき)川に赤目四十八滝(あかめしじゅうはったき)などの景勝地がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

名張川の関連キーワード京都府相楽郡南山城村オオサンショウウオ月ヶ瀬[村]南山城(村)南山城[村]山添[村]曾爾[村]夏見廃寺跡山添(村)名張[市]御杖[村]名張(市)美杉[村]毛原廃寺跡香落谷旭金時曽爾村月ヶ瀬黒田荘山添村

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名張川の関連情報