コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達斉邦 だて なりくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達斉邦 だて-なりくに

1817-1841 江戸時代後期の大名。
文化14年9月28日生まれ。伊達吉村の孫,宗充の長男。伊達斉義(なりよし)の養子となり,文政10年陸奥(むつ)仙台藩主伊達家12代。藩の財政難のなかで,天保(てんぽう)5年諸式を10万石格にまで簡略化するよう命じた。天保12年7月24日死去。25歳。通称は総次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊達斉邦の関連キーワード河野杏庵志村蒙庵伊達慶邦村上蘭皐

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊達斉邦の関連情報