コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達斉邦 だて なりくに

1件 の用語解説(伊達斉邦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達斉邦 だて-なりくに

1817-1841 江戸時代後期の大名。
文化14年9月28日生まれ。伊達吉村の孫,宗充の長男。伊達斉義(なりよし)の養子となり,文政10年陸奥(むつ)仙台藩主伊達家12代。藩の財政難のなかで,天保(てんぽう)5年諸式を10万石格にまで簡略化するよう命じた。天保12年7月24日死去。25歳。通称は総次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊達斉邦の関連キーワード戸田氏庸池田斉訓板倉勝俊井上正健井上正建大河内輝承酒井忠全細川利愛堀田正義松平定和