コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達村候 だて むらとき

2件 の用語解説(伊達村候の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達村候 だて-むらとき

1725-1794 江戸時代中期-後期の大名。
享保(きょうほう)10年5月11日生まれ。伊達村年(むらとし)の長男。享保20年伊予(いよ)(愛媛県)宇和島藩主伊達家5代となる。農地制度を鬮持(くじもち)制から高持制にあらため,倹約令をだし,製紙・製蝋(せいろう)などを奨励,藩校内徳館を創設するなど藩政改革に尽力,中興の英主といわれた。寛政6年9月14日死去。70歳。初名は村房(むらふさ),村隆(むらたか)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊達村候

没年:寛政6.10.20(1794.11.12)
生年:享保10.5.11(1725.6.21)
江戸時代中期の宇和島藩(愛媛県)5代藩主。父は4代藩主村年。生母は仙台藩(宮城県)5代藩主吉村の娘徳子(玉台院),嫡子村寿の室は仙台藩7代藩主重村の娘助子(鑑照院),祖父は仙台藩3代藩主綱宗3男宗贇(宇和島藩3代藩主)である。享保20(1735)年襲封,寛延2(1749)年遠江守,天明2(1782)年少将。農地制度の改革,地方行政の強化などに努力。仙台伊達家と本末を争い,従来の嫡庶の関係を改め対等の位置を主張。宝暦2(1752)年老中堀田正亮の調停により従来通りとなる。なお,生年について『寛政重修諸家譜』は享保8年とし没年齢を72歳としているが,『続徳川実紀』第一編には70歳で没したとあり(生年は享保10年となる),『藩史大辞典』6巻も享保10年生まれとしているので,これらに従った。没年月日については,各書に異同はない。

(齋藤鋭雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の伊達村候の言及

【宇和島藩】より

…伊予国(愛媛県)宇和郡宇和島に藩庁を置いた外様中藩。豊臣秀吉の四国征伐後,宇和郡は1587年(天正15)戸田勝隆,95年(文禄4)藤堂高虎が領主となり,高虎は板島丸串城を本城として築城した。1608年(慶長13)富田信高が領主となり,15年(元和1)伊達政宗の庶長子秀宗が宇和郡10万石の領主として入部し,以後廃藩まで伊達氏9代の治世が続いた。秀宗は18‐35年(元和4‐寛永12),父政宗の隠居料として3万石を割き,この間宇和島藩は7万石であった。…

※「伊達村候」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

伊達村候の関連キーワード嬉野次郎左衛門ピョートル大石久敬清源院伊達村候大石久敬科学史葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone