伏鉦(読み)ふせがね

精選版 日本国語大辞典の解説

ふせ‐がね【伏鉦】

〘名〙
仏具。台座に伏せてのせ、念仏のときに撞木でたたきならす。たたきがね。ひらがね。
雑俳・口よせ草(1736)「伏鉦は利足もとらずかしてやり」
② (形が①に似るところから) 鮑(あわび)をいう、僧侶仲間の隠語。
※雑俳・柳多留‐四二(1808)「ふせ鉦や天がいを喰ふとら和尚」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伏鉦の言及

【鐘∥鉦】より

…歌舞伎囃子では鉦は祭囃子や町の場面を表すときに使われる。 伏鉦(ふせがね)は鉦の縁に小さな三つ足のついたもので,伏せて上から柳撞木で打つ。念仏講で打つもので,念仏鉦ともよばれる。…

【双盤】より

…歌舞伎の下座音楽では寺院の場の描写や立回り,花見などの場面で奏される。手に持って奏する小型のものは単に鉦,あるいは当り鉦などといい,民俗芸能や下座音楽で広く用いられ,また3本の脚をつけ下に置いて奏する伏鉦(ふせがね)(叩鉦(たたきがね),伏鉦鈷(ふせじようこ))は念仏の際に用いる。双盤,当り鉦,伏鉦はいずれも多くの場合,念仏に関連して用いられることが特徴的である。…

※「伏鉦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android