コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休眠胞子 きゅうみんほうしresting spore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

休眠胞子
きゅうみんほうし
resting spore

生成されてから,一定の時期を経てのち初めて発芽する胞子多くは厚い膜におおわれ不遇の状況に抵抗しうるよう,また脂肪粒そのほかの物質を内在して発芽時にそなえるような構造をもつ。厚膜のものを厚膜胞子ともいう。多くの菌類,ある種の藻類にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうみん‐ほうし〔キウミンハウシ〕【休眠胞子】

胞子ができてから芽を出すまでに、一定の休眠期間のあるもの。銹菌(さびきん)の冬胞子、藻類の接合胞子など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

休眠胞子
きゅうみんほうし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

休眠胞子の関連キーワード斑点病(トウモロコシ)ネンジュモ(念珠藻)ラビリンチュラ類クロロコックムプロトミケス粘液細菌類変形菌類担子菌類子嚢菌類バチルス根こぶ病細菌類子実体担子器