コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会の川 あいのかわ

世界大百科事典内の会の川の言及

【加須[市]】より

…人口6万6821(1995)。関東平野の中心部にあたる加須低地に位置し,付近一帯はかつて利根川本流(現,会の川)の乱流地帯であったため自然堤防や河畔砂丘が発達している。中心街の旧加須町は会の川南岸の河畔砂丘上に位置し,江戸時代は中山道の熊谷宿と日光街道の幸手(さつて)宿を結ぶ脇街道の宿場で,5・10の六斎市には青縞の取引も行われた。…

【古利根川】より

…埼玉県東部を流れる中川の中流。上流は会の川という。近世以前の利根川の流路にあたり,久喜市付近から越谷市東方の庄内古川との合流点付近までを指す。…

※「会の川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会の川の関連情報