コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古利根川 ふるとねがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古利根川
ふるとねがわ

利根川分流で,埼玉県東部をほぼ南東流する川。久喜市吉羽からから中川合流点までをいい,全長 27km。かつては利根川の本流であったが,文禄3 (1594) 年に改修工事が行われ,分流となり,下流部は中川の流路となった。現在は流域の排水路として利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

古利根川【ふるとねがわ】

埼玉県東部の川。中川の上流をいい,羽生市川俣で利根川から分流する。1621年以前の利根川の旧流路で,現在は多くの用水の排水路として残る。
→関連項目大河土御厨(大河戸御厨)久喜[市]越谷[市]杉戸[町]草加[市]松伏[町]宮代[町]吉川[市]鷲宮[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふるとねがわ【古利根川】

埼玉県東部を流れる中川の中流。上流は会の川という。近世以前の利根川の流路にあたり,久喜市付近から越谷市東方の庄内古川との合流点付近までを指す。明治年間の地形図によれば,さらに下流の八潮市付近までも古利根川と呼んでいた。古利根川は蛇行し,両側に小高い自然堤防が連続的に発達するが,またところどころに河畔砂丘も存在していた。今でも,自然堤防沿いには古い集落がみられるが,河畔砂丘の多くは建設用材として利用され,破壊された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふるとねがわ【古利根川】

埼玉県東部を南東流する川で、利根川の旧流路。県南東部で元荒川と合流した後、中川となる。流量が少なく、現在は灌漑・排水路化している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕古利根川(ふるとねがわ)


埼玉県東部を流れる川。1級河川(利根川水系)。延長27km。久喜(くき)市・杉戸(すぎと)町境で葛西(かさい)用水と青毛堀(あおげぼり)川が合流して古利根川となり、南東流して越谷(こしがや)市・松伏(まつぶし)町境で中(なか)川に合流する。江戸時代の改修まで東京湾に注いでいた利根川の旧流路の一つ。埼玉県東部を潤す重要な灌漑(かんがい)用水路だったが、沿岸の宅地化が進み、水量が減って排水路化した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の古利根川の言及

【中川】より

…近世以前の利根川の流路の下流部にあたり東京湾に注ぐ。旧利根川筋は埼玉県北東部の羽生市付近から埼玉県,東京都の東部を流れ東京湾に注ぐ延長84kmで,上流を会の川,中流を古利根川,下流を中川という。それぞれの範囲は明確ではないが,《新編武蔵国風土記稿》には,主として現在の埼玉県内は古利根川,東京都内は中川となっており,明治期の地形図にもこれを裏づける表記がみられる。…

※「古利根川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古利根川の関連キーワード春日部桐箪笥(きりたんす)埼玉県北葛飾郡杉戸町埼玉県北葛飾郡松伏町埼玉県南埼玉郡宮代町大利根[町]飯野 喜四郎春日部[市]埼玉県越谷市松伏[町]三郷[市]八潮[市]鷲宮[町]吉川(市)杉戸(町)松伏(町)宮代(町)越谷[市]宮代[町]吉川[市]久喜[市]

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android