コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新郷(読み)しんきょう

百科事典マイペディアの解説

新郷【しんきょう】

中国,河南省北部の都市。衛河水運の要衝で,京広鉄路(北京〜広州)に沿い,新焦鉄路(新郷〜焦作)の起点。河南省黄河以北の経済・文化・交通の中心地。綿花の大市場が置かれ,付近の農産物を集散し,紡織工業のほか,製紙工業などが行われる。新郷師範学院がある。市所属の新郷県は人民公社発祥の地。103万人(2014)。
→関連項目焦作

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんきょう【新郷 Xīn xiāng】

中国,河南省北部,衛河の上流域に位置する商工業都市。人口67万(1994)。2市6県を管轄する。京広鉄道(北京~広州)はここで太新鉄道(太原~新郷)によって西の焦作に通じ,焦枝鉄道(焦作~枝城)と接続する。古代の冀州の地で,隋代に新郷県が置かれた。1949年に市が設けられ,49‐52年には旧平原省の省都が置かれた。古くから商業中継都市として発達し,とくに元以後,1411年(永楽9)に大運河が全通するまで,南北の漕運米の輸送路として衛河が利用されたためにぎわった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新郷
しんきょう / シンシヤン

中国、河南(かなん)省北部、衛河(えいが)上流の地級市。太行(たいこう)山脈南麓から華北(かほく)平原に移行する地点にある。4市轄区、6県を管轄し、2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口630万5000(2014)。京広線と京広高速鉄道が通じ、新線(新郷―(かたく))、新月線(新郷―月山)の起点でもある。また河北(かほく)省邯鄲(かんたん)や山西(さんせい)省太原(たいげん)に通じる自動車道が通り、河南省北部の交通の要所を占める。石炭や石灰石などの地下資源が豊富で、大型紡績、機械などの工業が発展している。小麦やコウリャンの栽培も盛んで、黄河(こうが)流域ワタ作地帯の主産地をなす。隋(ずい)代に新郷県が置かれ、明(みん)代には北京(ペキン)への食糧輸送で栄えた。1948年市が設けられた。[駒井正一・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新郷の言及

【河内】より

…中国,河南省の北東部,東と南とを黄河に囲まれた地域の古名。だいたい今日の安陽・新郷2地区を占め,古代文化の発生地の一つである。戦国時代には魏国の領土で,漢代その西部に河内郡がおかれ,のち懐州とも称し,明・清時代には懐慶府といわれた。…

【河南[省]】より

…交通の大動脈は鉄道で,黄河南岸にそって東西に走る隴海(ろうかい)線(連雲港市~蘭州)と,鄭州でこれと直交する京広線(北京~広州)は中国鉄道の二大幹線をなしている。京広線の新郷から西の焦作までは新焦線があり,焦作からは1970年に焦枝(しようし)線(河南省焦作~湖北省宜都県の枝城)が完成した。これは洛陽で隴海線と交差し南西に向かって南陽盆地を通過するので,この方面の開発に大きな役割を演ずることとなった。…

※「新郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新郷の関連情報