コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会符 えふ

1件 の用語解説(会符の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えふ【会符】

江戸時代,幕府や大名,朝廷,公家,寺社などが荷物運送に際して,自分の荷物であることを明示するため荷物につけた証札で,伝符,行李符ともいう。絵符とも書く。会符は,多くは木札で,板札の上部に穴をあけて紐を通して荷物につるすもの(絵符)と,板札の下に柄をつけて荷物に立てて標示するもの(立絵符)との2種類があった。幕府や朝廷のものには葵や菊の紋章の下に〈御用〉と墨書し,大名の場合は各家の紋章の下に城下所在地名,寺社などは紋章の下に例えば〈知恩院 御用〉などと記した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

会符の関連キーワード禁中並公家諸法度公家指南番御墨付き買米黒印地寺社方寺社伝奏町触れ御殿医

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone